アラフォー主婦の家事と節約生活☆

アラフォー主婦うさの日常

20代だったはずなのに・・・気づいたら40のおばちゃんになっていた。子育てに追われていた30代、がんばったね自分。

こんばんは、うさです。

 

 

ふと・・・

そういえば・・・

わたし、すっかりおばさんになったな・・・

(お腹の脂肪ハンパない( ;∀;)

 

 

お風呂あがりに、ふと感じてしまった。

(気づくの遅いって?)

 

 

いやいや、気づいていたけど。

昼間娘との会話で

私「えっと~何才だっけ?41・・・いや42だわ」

娘「えっ!?お母さん42??41だと思ってた」

私「40過ぎたら大差ないから何才でもいいけど~正確には42だし」

 

 

1才差のどうでもいい会話。

 

 

で、さっきお風呂あがりに、子供たちが小さいときはずっと気分は28歳のままだったんだよな、私・・・と、ふと思い出したの。

 

 

28才で妊娠、29才で娘を出産。

息子は32才で出産。

そして息子が三才になったころ私は35才。

 

 

そうです、その7年ほどの間、子育てに精一杯で世の中の記憶があまりないんですねぇ~

ニュースや世界情勢にはさほど詳しくないので、何の記憶がないかっていうと流行っていた歌です。

ぷっつり空白期間が私的にあるわけです。

 

 

だから、自分も歳をとっていっている感覚が全くなくて、ずっと中身は28のまんまな感覚でした。

 

 

思えば・・・

朝子供と一緒に目覚める→NHKの子供番組をみつつ家事をすませる→公園へお散歩。昼頃まで遊ばせる→帰宅。お昼ご飯を食べたらお昼寝(一緒に寝る確率高し)→夕方の子供番組の時間帯に夕食の支度→夕食(子供の世話が忙しく、自分はかき込むように食べる)→お風呂→寝かしつける(自分も一緒に寝落ちする)→朝・・・

 

 

基本、こんな生活が毎日続いていたわけです。

テレビをみていても、子供に気をとられて情報が入ってこない感じ。

歌番組なんてほとんど見ていなかったです。

子供番組の歌は振り付きで歌えちゃうけどね。

 

 

だから、たまに独身の友達とカラオケいったりすると浦島太郎状態なわけですよ(´・ω・`)

 

 

子供が幼稚園にあがると、自分ひとりでゆっくりする時間もできたけど、やっぱり子供中心に生活がまわっている感じでしたねぇ~

子供+ママ友の集まりっていう日常ね。

 

 

今年は娘も中学生、息子は小4と手がかからなくなり、私もパートのシフトが増えたり子供とは離れた時間の過ごし方になってきました。

 

 

そして、気づいたら40才過ぎていたっていうね。

30代は子育て中心にいつの間にか過ぎていったな~と。

振り返ると大変だったこともあったけど、「ママ~っ」ていってまとわりついてきた子供たち。小さいときはいつも一緒にいられて楽しかったし幸せな時代だったなぁ~

可愛かった娘と息子もすっかり大きくなっちゃった。

ほんと過ぎてしまえばあっという間だったよ。

 

 

あまり病気もしないで元気に育ってくれた子供たちをみて、我ながら頑張ったと思うんだ。旦那はさほど協力的じゃなかったしね。もちろん家計の為、稼いでくれているのは旦那だけど、私が育てました!ってきっぱりいえる自負がある!



最近はめっきりいい加減人間になっっちゃってるけど、これが本来の私(^_^;)

 

 

まだまだ子供たちのことも色々あると思うけど、40代はもう少し自分のために過ごしてみてもいいよね。

 

 

久しぶりに学生時代の友達に会ってみようかな~( *´艸`)

その前にお腹の脂肪を減らさないと。。。